タバマキ日記

28 October

Posted in 日記

Comment (0)

In The Zone vol.46 米澤一平✖️田畑真希

今週30日の水曜日は、米澤一平くんとセッションします!

一平くんは、素晴らしいタップダンサーであることは間違いないですが、様々なジャンルの人達と数多くセッションし、懐の大きさはピカイチであります。

是非お立ち会いいただき、未知の時間を一緒に楽しんでいただけたら幸いです。

お待ちしてまーす!

https://m.facebook.com/events/666311533825763?ti=icl

1 October

Posted in 日記

Comment (0)

小学校でのWSの為、徳島県へ行ってきました。日帰りで。

女子も男子も可愛い5年生でした。

ほんの少し恥ずかしさが漂うお年頃だけど、最終的に集中して身体のみで空気が変わる瞬間を見ると、真っ直ぐな子どもならではだな…といつも感動します。

徳島の会いたい人達に会えなかったりしたけど、前回行けなかった念願の鳴門海峡に行けたし(渦は巻いてなかったけど…)、徳島ラーメンも食べられました!

帰りは台風の為、ゴロゴロ雷鳴る中、飛行機で帰京。揺れたのは最初だけで無事すんなり帰って来れました。

徳島って日帰りで仕事に行けるんだな。

また徳島行きたいです。次は会いたい人達にも会えますように!!

4 September

Posted in 日記

Comment (0)

愛知県半田市「喜びのうた」終了!

セントラル愛知交響楽団のコンサートにて半田市の皆様と創り踊ってきました。

20名の弦楽器の生演奏は繊細かつダイナミックで、音の粒一つ一つを浴びるような、身体に染み込むようで身体が軽く感じました。

市民の老若男女の皆様はたくさん自主練してくれていてリハが再開した日は感激しました。

昨年の半田市でのダン活からずっと参加してくれていたのに8月の公演「ハンダ大楽奏」には出演出来なかった親子も参加してくれて、やり残したような宿題が完成した気分でとても嬉しかったです。

半田市の皆様が蒔いたダンスの種が今後も根付き花開きますように!!

2019年の夏は、特別支援学級の子ども達とのPKTに始まり、上田市サントミューゼでの公演「ハコニワ」、佐藤朱実バレエスクールでの小品、半田市「ハンダ大楽奏」「喜びのうた」…

とバタバタあっという間に過ぎていきました。

どの本番も私にとって、色濃くかけがえのない体験をさせていただきました。

各地の皆々様ありがとうございました!

またお会い出来る日を楽しみにしています。

来週は島根県松江市へ。

2019年度の楽しみな後半戦に突入します!皆さまよろしくお願いします!

13 August

Posted in 日記

Comment (0)

「ハンダ大楽奏」終了

気づいたらSNSから遠ざかってました。

お知らせしたつもりがしていなかったので、事後報告です。すみません。

8月1日から12日まで愛知県半田市に滞在していました。

8月11日に半田市の雁宿ホールにて「ハンダ大楽奏」、沢山のお客様に来ていただき無事終了しました。

今回は、セントラル愛知交響楽団の弦楽四重奏とピアニストの朽名さんの贅沢な生演奏でした。

アイネクライネナハトムジーク全楽章と、ベートーベンの「大フーガ」、サティなど名曲にまみれた1時間でした。

「大フーガ」は、セントラル愛知交響楽団の山本さんから教えてもらったかなり攻めた曲で、この曲を生演奏で踊れるなんて半田市以外ではなかなか実現出来ないだろうな~と思います。

「大フーガ」は、今回マーシー、カスヤン、田畑のトリオで踊りましたがいつかタバマ企画で創り直したいな…と目論んでおります。

そして今回は4才から60代の半田市民の皆様と、知的や身体に障がいがある方々も参加してくれました。

生演奏で4才から障がいを持つ方々が踊るシーンは、どんなに頑張って演出しても振付しても出来ないであろう暖かく優しい時間でした。

なんだかよくわからないけれど、今まで観たことない柔らかい時間を観ていて、最近よく言われている「多様性」という言葉の先を見れた気がしました。

これは、この舞台に関わっていた全ての人々のチカラだと思います。

本当に良い時間をありがとうございました!

お盆は少しお休みいただいて、8月29日から再び半田市に滞在して、9月1日にセントラル愛知交響楽団のコンサートで、踊ります!

今度は、弦楽器も増えてオーケストラ編成!!!

楽しみ~

1 August

Posted in 日記

Comment (0)

「佐藤朱実バレエスクール第2回サマーコンサート」無事終了

「佐藤朱実バレエスクール第2回サマーコンサート」無事終了しました。

小学生から大学生の13名の子ども達と3~4ヶ月かけて毎週リハーサルして出来た田畑の振付作品も上演されました。

クラシックバレエしかしていなかった子ども達が、先週出来なかった事を出来るようになっていたり、身体や踊りが変わっていく姿を毎週目撃する事が出来て刺激的な日々でした。

本番も、しっかり落ち着いて踊っている姿を観て頼もしく感じました。

子ども達がバレエを踊る姿も初めて観れて良かった!

朱実先生、関わってくださった全ての皆さま、ありがとうございました。

怒涛の夏2019の前半戦は終わり、今日から後半戦!!

これから愛知県半田市へ参ります。

8月11日本番の為、半田市に滞在して市民の方々と作品を創ります。

今回は、弦楽四重奏とピアノの生演奏での公演です。

楽しみ!!

Category

  • ダンス (37)
  • 日記 (167)