News

9 March 2021

Comment (0)

或る椅子の、つぶやき

7日目の7本目は、最後の作品「或る椅子の、つぶやき」です。

ハブヒロシ、多久和千絵、善財和也の3人で創った唯一歌詞のある曲です。

ズンズンと明日へ突き進んで向かっていく勇気をもらえる曲です。

作品も、大切な記憶を抱きしめながら未来へ進みます。

明日の8日目は短編が一冊の本になるように、1本目から7本目までをまとめて公開します。

ダンス映像短編集、最後の作品…

是非ご覧くださいませ。

【「ある椅子の、つぶやき」公開です!】

3月3日から毎日連続公開してきましたダンス映像作品短編集「ある椅子の、つぶやき」ですが、いよいよ明日が短編集最後の作品公開となります!

(明後日8日目(最終日)は短編7作品を綴った作品となります)

コロナの影響でワークショップや公演ができなくなったり、メンバーが参加できなくなったりしましたが、ダンサーもミュージシャンも、なによりお客さんも、また絶対舞台で会おうね!という希望を感じられる映像ができました。

7.「ある椅子の、つぶやき」~ダンス映像作品短編集「ある椅子の、つぶやき」より

<音声ガイドなし版>

<音声ガイドあり版>

これまでの6作品も引き続き公開しております。

「ある椅子の、つぶやき」とYoutubeで検索していただくか、島根県民会館Youtubeチャンネルをご覧ください。

<島根県民会館YouTubeチャンネル>

https://www.youtube.com/channel/UCzxjiC6s_5CPYsqbDw18Zzw

8 March 2021

Comment (0)

或る椅子と、水…そして一人

とうとう6日目です。

今日の作品は、

「或る椅子と、水…そして一人」です。

多久和千絵さんの美しいピアノ曲が送られてきた時から、夕陽と渡部栄子さん(えいちゃん)のソロだ!!と一瞬で決まりました。

ワクワクしました。

撮影も、この作品から始まりました。

映像の美しさに興奮しました。

肌寒く、宍道湖の水は冷たかった。

でも、えいちゃんは、夕陽が沈むまでずっと踊ってくれました。

全てが愛おしく、美しい作品です。

是非ご覧くださいませ。

【ダンス映像作品短編集「或る椅子の、つぶやき」公開6日目!】

おはようございます☆

7本の短編作品の公開もあと2作品となりました!

楽しんでいただけていますでしょうか。

さて、本日公開する作品は「或る椅子と、水、そして一人」です。

宍道湖のほとりのマジックアワー。

水と空が同じ色に染まるとき。

雨上がりに撮影した奇蹟のように美しい映像をお楽しみください。

ダンスプロジェクトを一緒に歩んできた全盲のダンサー・渡部栄子のソロ作品です。

6.「或る椅子と、水…そして一人」~ダンス映像作品短編集「或る椅子の、つぶやき」より

音声ガイドなし版→https://youtu.be/cAqtA64NT7Y

音声ガイドあり版→https://youtu.be/uP1Lw-VGFeg

島根県民会館インクル―シブシアタープロジェクトのFBページ、島根県民会館YouTubeチャンネルをご覧いただくか、またはYouTubeで「或る椅子の、つぶやき」と検索してご覧ください。

チャンネル登録をしていただくと新着の通知があったり、これまでの映像をまとめてご覧いただけます。

<島根県民会館YouTubeチャンネル>

https://www.youtube.com/channel/UCzxjiC6s_5CPYsqbDw18Zzw

7 March 2021

Comment (0)

「或る椅子と、ピアノと生活」

「或る椅子の、つぶやき」

5日目は、「或る椅子と、ピアノと生活」です。

昨年秋に撮影した日々が凝縮された時間になっています。

善財和也(かずぴー)の遊び心満載の“音”達と合わせてお楽しみくださいませ。

【ダンス映像作品短編集「或る椅子の、つぶやき」公開5日目!】

おはようございます☆

本日公開する作品は「或る椅子と、ピアノと生活」です。

タバマ企画とビヨン・ド・タバニーのダンサーたちが、

草原や水辺、森の中や古墳でかけまわったりおしゃべりしたりする様子が楽しく、秋の光、土や草の香りを感じる作品です。

市民ダンサー改め「ビヨン・ド・タバニー」となったダンサーたち。この名前は、田畑真希さんのもと集まった市民ダンサーたちが、障がいの有無や年齢、性別などを「ビヨン!」とうさぎのようにとびこえダンスを楽しむ様子から名前がつきました。

善財和也さんによる音楽は、みなさんの周りにもある音たちが登場します。

今日も10時からの公開をお楽しみください。

5.「或る椅子と、ピアノと生活」~ダンス映像作品短編集「或る椅子の、つぶやき」より

音声ガイドなし版→https://youtu.be/TtlnNQx6zYs

音声ガイドあり版→https://youtu.be/iQwJFuIR3Fo

島根県民会館インクル―シブシアタープロジェクトのFBページ、島根県民会館YouTubeチャンネルをご覧いただくか、またはYouTubeで「或る椅子の、つぶやき」と検索してご覧ください。

チャンネル登録をしていただくと新着の通知があったり、これまでの映像をまとめてご覧いただけます。

<島根県民会館YouTubeチャンネル>

https://www.youtube.com/channel/UCzxjiC6s_5CPYsqbDw18Zzw

6 March 2021

Comment (0)

或る椅子と、カラクタ

4日目の今日は、「或る椅子と、カラクタ」です。

タバマ企画の中村理(マーシー)と、ビヨン・ド・タバニーの香川侑也(ユウヤ)が、椅子を踊らせます。

「ビヨン・ド・タバニー」とは、

2016年に目の不自由な方と島根県民会館とダンサー、振付家の田畑真希の協働で始まったダンスプロジェクト。

市民ダンサーたちが、障がいの有無や年齢、性別などを「ビヨン!」とうさぎのようにとびこえダンスを楽しむ様子から名前をつけてくれました。

今回、ビヨン・ド・タバニーのダンサー達が撮影中、踊るには過酷な屋外などで、長時間、何度も粘り強く踊る姿を見ながらずっと心が震えていました。

後半戦の明日からの老若男女の魅力的なダンサー達の姿も、どうぞご期待くださいませ!

【ダンス映像作品短編集「或る椅子の、つぶやき」公開4日目!】

おはようございます☆

昨日もたくさんの方にご覧いただき、ありがとうございました!

毎年行っているダンス公演ですが、最近では舞台上に客席をつくって、ダンサーのステップの振動、回転したときの風を感じたりなど、舞台の空気感を同じ高さで楽しんでもらえるようにしつらえています。

昨年は田畑真希さんのアイディアで、開演前から福井一尊さんの舞台美術やダンサーのパフォーマンスをお客さまが見て楽しんだり、本番前には一緒にからだを動かしたりしました。

コロナ禍では、舞台上の客席はなかなか叶わないことかもしれませんが、この映像でみなさんにこの空気感が伝わっていたらいいなと願っています。

短編作品を1作品ずつ毎日10時から公開していますので、引き続きお楽しみください。

本日の公開作品は4作品目となる「或る椅子と、カラクタ」です。

タバマ企画の中村理さんとビヨン・ド・タバニーの香川侑也さんのダンスは松江市の大根島に続く、青い橋のたもとで撮影されました。二人のダンス、肉迫しています!

音楽はハブヒロシさんをメインに多久和千絵さん、善財和也さんの音が重なり、シェケレ、クプティンというかわいらしい名前の民族楽器や木魚、カウベル、鉄琴など楽しい音が映像を彩っています。

今日の作品も10時に公開いたします。ぜひお楽しみください。

4.「或る椅子と、カラクタ」~ダンス映像作品短編集「或る椅子の、つぶやき」より

音声ガイドなし版→https://youtu.be/K1dUm-xoGD8

音声ガイドあり版→https://youtu.be/ATs2JJby74s

5 March 2021

Comment (0)

或る椅子と、いろいろいろ

3日目の今日は、「或る椅子と、いろいろいろ」です。

音楽は、善財和也(かずぴー)。

かずぴーには、タバマ企画初期、沢山曲を創ってもらっていました。

ダンスとの経験が豊富だからなのか…

適度な余白でダンスに寄り添ってくれたり、素敵なメロディも創れるミュージシャンです。

とにかく踊りやすい。

今回は、ハブヒロシ、多久和千絵、善財和也の3人で創ってもらった曲と、それぞれのソロの曲があります。

全て「或る椅子の、つぶやき」の為のオリジナル曲です。

音楽も合わせてお楽しみいただけると幸いです。

【ダンス映像作品短編集「或る椅子の、つぶやき」公開3日目!】

おはようございます☆

これまで2016年から毎年、田畑真希さん演出のダンス公演を行って来ました。本当にありがたいことに年々お客様の数が増えて、昨年の「おどる、みる、きくダンス公演『ハコニワ』」は満席完売となりました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、公演が出来なくなり残念に思っていましたが、こうやって映像を通して全国のたくさんの方に知って、観て、聴いていただけて本当にうれしいです。ありがとうございます!

短編作品を1作品ずつ毎日公開していきますので、引き続きお楽しみください。

本日の公開作品は3作品目となる「或る椅子と、いろいろいろ」です。

演出の田畑真希さん、中村理さん、安岡あこさんによるダンス作品です。今回の短編集では、田畑真希さんによりそれぞれの作品にタイトルがついています。「いろいろいろ」、というタイトルから何を想像しますか。

ダンサーたちのめくるめく表情豊かな身体、音楽家・善財和也さんの重ねられた「何の楽器だろう?」と想像するのが楽しい音、あたたかな歌声、そして吾郷克彰さんの映像によるラストへ向けてのドラマチックな変化もお見逃しなく、お聴き逃しなく。

今日の作品もお楽しみください。

3.「或る椅子と、いろいろいろ」~ダンス映像作品短編集「或る椅子の、つぶやき」より

音声ガイドなし版→https://youtu.be/htWllO-lO0s

音声ガイドあり版→https://youtu.be/X8SzjdjM_QM