30 January

Posted in 日記

Comment (0)

「色の話、余白の色」終了

色々な事がありました。 たくさんの事件や出逢いや雪に囲まれ一週間の島根県民会館での新作「色の話、余白の色」無事終わりました。 2年目の島根県での公演は、島根県民会館のスタッフの皆様のきめ細やかなお心遣いと、一年間共に踊ってきた地元出演者の視覚障がいを持つ「うどんちゃん」と「えいちゃん」の凄まじい集中力と彼女たちにしか出来ないダンスを交えてこの作品は旅立ちました。 今回は本番だけでなく開演前にタッチツアーという視覚障がい者の方々へ向けて舞台を歩きながらの説明、本番、アーティストの福井一尊さんとのトークセッションと、バタバタのまま本番が過ぎ去りましたが、客席には盲導犬やアウトリーチに行った小学生、夜ご飯を食べに通っていたおでん屋さんのお母さん、去年の市民参加作品の出演者、はじめましての方からお馴染みの方まで沢山のお客様にお立ち会いいただき集中して楽しい時間でした。 今回、出演者にもお客様にも視覚障がいを持つ方が沢山参加され、音声ガイドの田中さんにも入っていただき、本編も実験的な要素を取り入れて私にとって、今後の活動をあらためて考える作品になりました。 色々な事があり過ぎて写真も撮り忘れ衣装を着ている写真がない!! またいつかどこかで再演出来たらいいなーと願っております。 ひとまず島根の皆々様へのお礼を。 ありがとうございました!! 色々な事件についてはまたいつか…

コメント投稿


Category

  • ダンス (36)
  • 日記 (107)