タバマキ日記

2 March

Posted in 日記

Comment (0)

「TRANCE」終了!

「TRANCE」豊中文化芸術センターでの公演、無事終了しました。 大阪入りしてからの5日間、どっぷり一日中、中川賢一さんのピアノを浴びて踊る、贅沢で幸せな日々でした。 身体痛いし疲労困憊でしたが…なんて幸せな時間を過ごさせてもらってるんだろう!と日々全身の細胞で実感してました。 最近、創ることに精一杯であまり踊ってなかったのですが、ガッツリ約2時間!中川さんのピアノで踊る事で私の身体全部が喜んでいました。 楽しかったな。 そして、ホールのスタッフの方々の手厚いサポートと、「アッパレ!!ブラボー!!!」と声を大にして言いたい技術スタッフの皆様に大きな声で感謝を表したいです。 今回、ダンスは田畑がソロで乗り込んだのでなかなか外から見る事が出来ず不安でしたが、素晴らしい照明の長谷さんのおかげで安心して踊る事に専念出来ました。 ありがとうございました!!! この「TRANCE」という企画では、豊中文化芸術センターが、小ホールで中川賢一さんの演奏。…の他に、多目的ホールでクラブミュージック、展示室ではガムラン宇宙ミーティング…と、トランスに関して様々な角度で迫る尖った面白い企画でした。 今年は一年目で、三年は続けるそうです。 大阪、面白いな。 また大阪に来たいと思います。 満身創痍で最終の新幹線に乗っています。 明日から日常に戻れるか心配。

20 February

Posted in 日記

Comment (0)

最近

最近のことと言えば、とてもとても楽しい企画に参加させていただきました。 「瞬間を紡ぐ時間」という芸人さん、役者さん、ミュージシャン、照明さん、ダンサーなど今まで観たことない多様な人達での完全即興。 素晴らしく実力のある方々の中で完全に見失いながらとてつもなくエキサイティングと恐怖と楽しい初めての感覚を味わいました。 なるほどー!すごーい!面白ーい!ヤバい!という言葉にすると実にアホらしい感覚で深く身に刻まれました。 本当に勉強になりとてつもなく幸せな体験でした。ありがとうございました!! そして、今は山形県酒田市にいます。 小学校、中学校へのアウトリーチと一般WSです。久しぶりの再会に懐かしく嬉しく心の中では「わー!!」と「きゃー!!」の連続です。 …どちらにしてもアホっぽい言葉しか出てきませんが、嬉しい限りでございます。 土曜日にアートマルシェでWSします。 お時間あったら遊びに来てくださいね。 酒田の皆々様にお会い出来るの楽しみにしてます!! そして、来週には、大阪で中川賢一さんのピアノで踊りに行きます。 芸劇で踊らせていただいてから何年でしょうか? 先日、中川さんの素敵なご自宅でお打ち合わせさせていただき、楽しみと不安に押しつぶされそうな今日この頃です。 でも、中川さんのピアノは間違いなく素晴らしく、関西方面の方、是非遊びにいらしてくださいませ。 田畑は関西方面で踊る機会は珍しく、是非皆様にお会いしたいです。 ひとまずは、酒田でのひとときを大切に味わいます。

11 February

Posted in 日記

Comment (0)

山形WS

山形から帰ります。 覚悟していた寒さと雪も市内は全く雪の気配なく快適なお天気でした。 4時間のWSでヘロヘロになった後(みんなが…)みんなで美味しいお酒を楽しみ、今日は朝から蔵王温泉へ連れて行ってもらいました。雪をみながらの露天風呂最強最高。 お昼に食べた蔵王名物のジンギスカンがまた最高に美味しかった! 山形はお蕎麦も芋煮もジンギスカンも日本酒も全て美味しくて困っちゃいます。 ジンギスカンの匂いを見に纏い、(隣の席のお兄さん、本当すみません。)雪が降ってるとかいう噂の東京へ帰ります。 来週は山形県の日本海側の酒田へ参ります。

30 January

Posted in 日記

Comment (0)

「ランウェイ」島根バージョン終了!

終わりました。 松江に滞在していた一週間、チリチリと回転し続けていた脳みそは帰京したら1mmも動かずボーッとしてます。 1月27日に、「ランウェイ」島根バージョン公演でした。 たくさんのお客様に来ていただき、ありがとうございました!! 「ランウェイ」は島根と富山で上演しましたが、全く違う側面を持つ作品になりました。どっちのバージョンも私は好きで、他でも上演したらどうなるかしら??とやりたい願望がフツフツと…。 島根県民会館での公演は3年目の3回目で、絵に描いたような進化を感じた3年目でした。 制作の門脇さん、技術スタッフさん、ミュージシャン、タバマ企画ダンサーズ、音声ガイドの田中さん等々、この約80分の本番に向けて色々な方面からギッチリとスクラムを組み、東京でも世界中のどこでもなく島根県民会館でしか実現出来なかった時間になったと思います。 毎年思うけど、島根県民会館の皆々様の確かな技術と細かなお心遣いには感動です。 見える人も見えない人も見えづらい人もいた老若男女の松江の13人の出演者の皆さんの頑張りと日々の急成長は凄かった。 そして、多久和千恵ちゃんとハブハブ、しみずけんたさん3人の鳥肌ものの超スペシャル音楽!!! 去年から実施していた音声ガイドも好評でした。 島根には公演だけではなく、この数年で毎年たくさんの小学校にもWSで行かせていただいてます。今回も4校行きました。そこの校長先生や子ども達が観に来てくれたのも嬉しかったし、なんと、先生が市民ダンサーズとして参加してくれたのも嬉しかった。 こうして思い返してみると、会館スタッフの皆さんや市民ダンサーズ、ミュージシャン、音声ガイドの皆さま、WSに行った子ども達や大好きなおでん屋さんのお母さん、この一週間で関わってくれた全ての人達の顔が思い浮かび、論文並みの長さになってしまうのでこの辺で書くのを諦めます。 みんな大好き!ありがとうございました。 ダン活期間の3年間は終わりましたが、この先の島根での活動の発展も楽しみです。 あ!あと、今回は富山市民プラザからみんなの衣装もお借りしました。 勝手に私の中で、心の故郷が繋がった気分になり嬉しかった。ありがとうございました! 富山のダンサーズと松江のダンサーズが一緒になったら、これまた楽しいだろうなー。でも、どっちも個性強すぎて、ものスゴーーク大変だろうな…。 最後に、この企画を立ち上げた福間さんがいなかったら今年の奇跡もありませんでした。観にこれなかったのが残念だけど、福間さん、ありがとうございました!!

15 December

Posted in 日記

Comment (0)

松江WS

島根県松江へ行ってきました。1月公演の打ち合わせやWSを。 島根県民会館でのWSは何回目になるんだろう?松江での子どもや大人、視覚障がいがある方々とのWSは私にとって当たり前の楽しみになっています。 今回はWS参加の募集をしてたぶん一番多い老若男女の個性豊かな市民の方々が集まってくれました。 たくわちえちゃんが出雲から来て再びピアノを弾いてくれ、ピアノの生演奏によって皆さんの身体が少しずつ変化し空間全体が繊細になっていく様子はゾクゾクしました。 良い時間だったなー。 次に松江に行くときは1月の島根県民会館での公演です。気を引き締めていかなければ。 一番の心配は山陰地方の雪と寒さ…。 3年目の松江の冬を存分に楽しめますよう!!

Category

  • ダンス (37)
  • 日記 (136)